▼アニソンDJちっぺのページ
DJ出演情報や旅行記まとめなど、
ブログ以外のコンテンツはこちら。
 http://chip.pe/

▼各種SNS
気軽に絡んでね!
 twitter / facebook / mixi
 【問い合わせフォーム】
 ちっぺのブログはコメントが書けない設定になってます。
 ご用の際こちらのフォーム(ちっぺの携帯宛)から送信して下さい。
 もしくはtwitter(@chip_pe)へお気軽にどうぞ。
 
 


<< 新宿三丁目のカレー屋「curry 草枕」のレポ | main | 香港遠征レポ番外編2 >>

香港遠征レポ番外編1

0
    香港遠征レポ番外編1




    そんなこんなで香港から無事に帰国したわけです。
    本当に素晴らしい体験ができました。

    facebookやtwitterで情報提供して下さった現地の皆さん
    現地で一緒に騒いでくれた香港の皆さん
    突然現れた人を快く受け入れて下さった秋葉東京の皆さん
    本当に本当にありがとうございました!

    これからもがんばるぞーーー!

    グッバイ香港!





    日本での別れの言葉といえば「さようなら」ですよね?

    コレを漢字で書くと「左様なら」なのはご存知でしょうか
    左様っていうのは時代劇とかで「さようでござるなら」とか言ってるアレです。
    これを現代の言葉にすれば「そーゆー事だから」になります。


    別れの場面には必ず別れるべき理由があるって事ですね。
    例えば引越しとか門限があるだとか、あるいは死別だとか。

    「キミとはまだ一緒に居たいんだけど
    そういう事なら仕方ないね・・・」


    という気持ちが篭っているのでしょう。
    別れたくないから他の何かのせいにしましょ。
    と解釈することができます。

    左様 = そーゆー事 = 引越しや時間や死など
    なら = だから = が原因だったら

    そう考えれば、若いコにありがちな「そんじゃ!」という挨拶も
    ナウい割にはしっかりとした意味があるという事に気がつきますw



    で、本題。
    中国語の「さようなら」

    「再見」

    といいます(読みは「つぁいつぇん」)。
    中国語を解らなくても、これの意味は一目瞭然ですね。

    再→もういちど
    見→お目にかかる

    「また会おうぜ!」と解釈する事ができます。
    「see you again!」とも同じですな。


    日本の「さようなら」という別れの挨拶は
    なんとな〜く「もう二度と会えない」感じがしません?
    物凄い寂しい雰囲気があるから+水臭い感じがするから
    ちっぺは(というか多くの人が)あんまり滅多に使う事は無いです。

    インターネットというモノがある今は特に
    遠くの人と気軽に連絡が取れる時代になったので
    「キミとはお別れです」なんて言葉は使わなくなった
    というのもあるんでしょうけどねぇ



    香港を出発する時「まだ帰りたくない」
    という想いは確かにありました。
    そりゃぁ、女の子かわいいし、ゴハンおいしいし。

    ですが、「左様でしたら!」というニュアンスでの別れを
    告げるわけには行きませんでした。
    「もう一度会おう!」という想いと約束を胸に
    日本へと帰ってきたのです。
    再見香港!多謝!



    そして「再見」の時が来るぜッッ!



    >-網上預訂-
    >到以下網站填寫個人資料,隨即完成預訂手續
    >http://akibatokyo.com/postmail/postmail.html
    >完成預訂的朋友請在CWHK34會場到「秋葉東京」攤檔,即可領取門票及預約特典!
    >數量有限,先到先得

    >-實體店鋪-
    >由即日起至九月一日,以下店鋪將會代售門票:

    >1. Cafe Matsuri
    >地址:旺角彌敦道578-580號恆隆大廈8樓44室
    >網址:http://cafe-matsuri.blogspot.hk/

    >2. Dreamy Mart
    >地址:九龍油麻地彌敦道530-532號現時點商場2樓237號舖
    >網址:http://dreamymart.net/

    >3. 荃灣卡店「安歌」
    >地址:荃灣寶業大廈A座11樓 8B室
    >網址:http://www.facebook.com/profile.php?id=100003761561705

    >在此感謝以上店鋪的全力支持




    よっっっしゃぁ!!!!
    ぜんっぜん読めねぇ!!!!!!www
    google翻訳に放り投げてみた



    >- オンライン予約 -
    >個人情報を埋めるために次のWebサイトにアクセスし、その予約処理を完了
    >http://akibatokyo.com/postmail/postmail.html
    >友人が、東京に予約CWHK34会場を完了して、ストールを"枯葉"は、チケットや特別な予約コードを収集することができます!
    >先着の限られた数

    >- 物理店 -
    >今から9月1日まで、次の店は委託販売のチケットになります。

    >1。カフェまつり
    >住所:ルームハング肺ビル8階、ネイザンロード、モンコック、578から580まで44号。
    >Webサイトを参照してください。http://cafe-matsuri.blogspot.hk/

    >2。夢のようなマート
    >住所:ネイザンロード(Nathan Road)、油麻地、九龍、530から532までの既存のポイント·ショッピングセンター、ショップ237
    >Webサイトを参照してください。http://dreamymart.net/

    >ツェンワンのカードショップ "アンコール"
    >住所:ツェンワン、ポー·イップビル、11階が、8Bをブロック、
    >URL:http://www.facebook.com/profile.php?id=100003761561705

    >お店での全面的な支援に感謝したい




    なるほど「前売り券」「その方法」ね?
    チラシ置いてもらうっていうのは解るけど
    前売り券扱ってくれる店があるんだね・・・
    日本で言うところのロッピーみたいな感じでしょうか?













    それにしてもこのラーメンおいしくねぇな!!!








    まさかの「ラーメン二郎」
    さようなら、だの、再見、だの、考えていましたw




    秋葉東京の一行は
    香港遠征が終わりって無事に日本に帰国した訳なんですが
    ちっぺの旅はもう少し続きます・・・・

    この頃はまだ札幌に住んでいたので
    香港国際空港から成田空港に到着したら
    次は羽田から千歳へのフライトが。

    しかもヘンな時間に帰国してしまったため、そのまま札幌に帰る便が無い。
    関東で一泊しなければならないのだった。

    マンガ喫茶にでも行くか・・・
    うーーーーーーん!
    しんどい!w



    そんなちっぺに優しく手を差し伸べてくれたのが
    男人街を共に歩いたクニさん。
    あぁ、なんてありがたい話なのでしょう
    感謝感謝。







    翌朝

    クニ「ラーメン二郎って知ってる?まずいよ
    オレ「うぅぅぅうむ・・・・ww」




    という訳なのでありました。
    腹にバクダンを抱えて千歳行きの飛行機へ。




    そして最後に待ち受けていたのは極寒の大地であった。

    やっぱ帰りたくないかも




    次あたりホントにFIN。


    JUGEMテーマ:香港


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    profile
    categories
    selected entries
    mobile
    qrcode
    search this site.
    others
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM